一本のネクタイができるまで

Making a Tie 「織る」 Other Process.2

2018年7月9日

Making a Tie

一本へのこだわり
織る

TEXT & EDIT Tetsu Takasuka PHOTO Seiichi Niitsuma

生地の整理も重要な工程

 織り上がったネクタイ生地は、そのままでは縫製の工程に回せません。裁断などの加工をしやすくするために、糊付けをして硬さを出す必要があります。京都の町家の一角に工場を構える「長谷川織物整理」は昭和初期に創業した糊付け専門の整理業者。品質の高いネクタイを作るために、それぞれの工程のエキスパートが活躍しているのです。

 色々な種類の生地を繋げて糊付けし、長いコンベアの上を流していきます。

 糊付けして湿った生地を下から加熱して乾燥させます。


Making a Tie「織る」


You Might Also Like